kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

⚙ kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

【工作動画】ポージングができるボルト人形を作ってみた

広告

 

 今回は、手足にアルミの針金を使用して自由にポージングができるボルト人形を作ってみました。よく知られているボルト人形はステンレス用ハンダ付け【ステンレスはんだ用のフラックスとすず60%のヤニなしはんだを使用】により人形の造形を行いますが、自分はナットとワッシャーで締め付けて固定する組立式のボルト人形を作ってみました。目にスペンサーを使用しその中にLEDを組込んだので配線作業で一般的なハンダ付け作業は行いますが、組立式なので分解することが容易なのでおもちゃとしての用途には優れています。
   

 

  

 動画撮影時は3㎜砲弾型オレンジのLEDを使用していましたが、単4電池2つ使った3V電源では、電池が新品の時には実際の電圧が3V以上になり電流が流れ過ぎてLEDが損傷したので後からLEDを3㎜砲弾型の青に変更しました。赤やオレンジや黄などのLEDを使用したい場合は100Ω程度の電流制限抵抗をつける必要があります。3㎜砲弾型の青や白のLEDは赤や黄のLEDより内部抵抗が高く電流が流れにくいので単4電池の3V電源では電流制限抵抗を付けなくても大丈夫です。

 ナットとワッシャーで針金や配線を挟み込んで固定しますがボルトのネジを利用して挟み込みますのであまりに強くねじ込んで固定しますと針金や配線が切れてしまう恐れがあります。
 針金の材質は銅やアルミ等のやわらかい金属を使用してください、鉄やステンレスの針金を使うと圧着工具にダメージを与えてしまいます。
 目を光らすことにさえこだわらなければ、組立時間は10分も掛からないとても簡単に作ることができるボルト人形ですので作って遊んで頂ければ嬉しく思います。 

 

 

f:id:kzi-workshop:20180504103821j:plain
f:id:kzi-workshop:20180504103815j:plain

 

 

f:id:kzi-workshop:20180504103932p:plain

材料と道具

作るのに必要なモノは、

 

 ①M8×35mm 六角ボルト【1本】

 ②M8 六角ナット【3個】

 ③M8 平ワッシャー【4枚】

 ④M8 ふくろナット【1個】

 ⑤スペンサー 4×10【2個】

 ⑥裸圧着端子 Y形

 ⑦裸圧着端子 R形

 ⑧アルミ線 シルバー 1.5ミリ

 ⑨LED 3㎜砲弾型 青【2本】 

 ⑩配線

 ⑪キャンドルライト大(ダイソーで購入)
 ⑫ワイヤーストリッパー
 ⑬ハサミ

 ⑭ハンダセット

 ⑮グルーガン【ホワイト】(グルーはダイソーで購入)

 ⑯圧着工具
 ⑰ウォーターポンププライヤー
 ⑱プラスドライバー
 ⑲ラジオペンチ
 ⑳カッティングプライヤー
 ㉑水
 


以上です。 
 
 

関連記事