kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

⚙ kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

USBからの電源でLEDランプを点灯させる時に便利なリモコン制御ユニットの作り方

広告

 

 USBからの電源でLEDランプを点灯させるタイプのライトを作ったら、今から紹介するリモコン制御ユニットも一緒に作って、リモコンでON・OFF制御及び点滅制御もできるようにバージョンアップさせましょう。

 

f:id:kzi-workshop:20170818141917j:plain

 

準備するもの

 

① LED リモートコントローラー

② USB Aタイプ オスコネクター

③ USB Aタイプ メスコネクター

 

   

作業方法

f:id:kzi-workshop:20170818141928j:plain

 
LED リモートコントローラーに元から付いているプラグをカットしてしまいます。
 

f:id:kzi-workshop:20170818141935j:plain

 
ワイヤーストリッパーを使い配線の被覆を剝きます。
 

f:id:kzi-workshop:20170818141942j:plain

 
 LED リモートコントローラーの5-24Vと記載のある方にUSB Aタイプ オスコネクターをハンダ付けし、LEDの記載のある方にUSB Aタイプ メスコネクターをハンダ付けします。
注)配線には極性があります、赤が+で黒が-です。上記の写真を参考にして1番PINに+の配線を4番PINに-の配線をハンダ付けして下さい。
 

f:id:kzi-workshop:20170818141950j:plain

 

グルーガンでハンダ付けした箇所の固定と絶縁処理をしましょう。以上で完成です。

 

ペットボトルライトを作って動作確認する

 

f:id:kzi-workshop:20170818215300j:plain

 

 では、次に先程作った、リモコン制御ユニットを使ってペットボトルライトを作ってみて動作確認をしてみましょう。必要なものは次の4点です。

 

リモコン制御ユニット

②USB駆動のストリングライト

③USBチャージャー (セリアで購入)

④ペットボトル

  

 

②は上記の商品の配線カットしてUSB Aタイプ オスコネクターに付け替えたものです。同じような商品としては、ダイソーでクリスマスシーズンに販売される、USBデコレーションライトという下記の写真のようなアイテムもあります。

 

f:id:kzi-workshop:20170818215311j:plain

 

接続して組立てる

 

f:id:kzi-workshop:20170818215320j:plain

 

 それでは次に、それぞれアイテムを接続してペットボトルライトを組立てましょう。まず、USB駆動のストリングライトとリモコン制御ユニット接続して次にリモコン制御ユニットとUSBチャージャーを接続してリモコンのスイッチをONにすればLEDが点灯します。点灯が確認できたら、ストリングライトとリモコン制御ユニットをペットボトルの中に入れ込んで、ペットボトルの口の上にUSBチャージャーを載せれば、ペットボトルライトの完成です。

 

リモコンで制御できる点滅のパターンの確認用の動画を撮影しました。 

 

 

 

 関連記事