kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

⚙ kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸の作品作りに使っているLED製品

広告

砲弾型のLED

【100個入り】 LED 5mm 白色 砲弾型 20000?25000mcd

【100個入り】 LED 5mm 白色 砲弾型 20000?25000mcd

 
【100個入り】 LED 5mm RGB 7色自動点滅 砲弾型

【100個入り】 LED 5mm RGB 7色自動点滅 砲弾型

 

 

 電子工芸の作品作りで一番よく使用するLEDは、砲弾型の白色のLEDです。砲弾部分に色を塗り色彩の表現もできるし、LEDの数を増やすことで明るくもできます。オーナメントの内部に組込んで使うには、この砲弾型のLEDが一番使い易いです。

他には変化のある光の演出に使用できる、点滅タイプとRGBの自動点滅タイプの砲弾型LEDがあると制御回路を組まなくても配線するだけで光の演出ができるので表現の幅が広がり便利です。

まとめれば、砲弾型LEDは白色だけが必需品で、標準タイプの5mmと小さいオーナメントに組込む時に使う3㎜があればよく、後は特殊な光の演出のする場合には点滅タイプとRGBの自動点滅タイプが必要で、他のタイプの砲弾LEDは電子工芸の作品作りは必要ないという事になります。

 

 関連記事


   

LEDキャンドル

LEDキャンドル 48個 七色 ライトキャンドル キャンドルライト

LEDキャンドル 48個 七色 ライトキャンドル キャンドルライト

 

 

LEDキャンドルも作品作りによく使います。ケースと電池ホルダーとスイッチがセットになっているので、個別にパーツを準備する必要がなくて手軽に素早く作品が作れるので本当に便利なアイテムです。

LEDキャンドルは、100円ショップでも売っていますが、上記の七色に光が移ろいでゆくタイプは売っていないので、ネットショップ等で購入して下さい。逆にLEDキャンドル大のタイプはダイソーにしか置いていないのでダイソーで購入して下さい。

 電子工芸の作品作りにおいて、LEDキャンドルで必要な部分は、土台の部分でありLEDではありません。七色タイプを購入してもLEDを変更したら何色にでもできます。でも、七色に光が移ろいでゆくタイプLEDはLED単体で販売していないようなので、LEDキャンドルを購入して部品を手に入れないといけません。

まとめれば、LEDキャンドルは小さいタイプは七色タイプを購入して、大きなタイプはダイソーで購入するということになります。ダイソーのLEDキャンドル大は揺らぎ黄色タイプのLEDなので、このタイプのキャンドルライトの土台を使用して作品を作っているとこのタイプのLEDは余ってきます。なので揺らぎタイプのLEDは自分は購入していません。揺らぎの演出が必要な時は、ダイソーのキャンドルライト大から外したLEDを使用しています。

 

  

LEDテープライト 

 

ハサミで切って使うこともできて、曲線のフレームに沿って貼り付けても使うこともできるLEDテープライトはアイディア次第で面白いハンドメイドライトを作ることを可能にしてくれる製品です。

そのLEDテープライトですが、使用されているLEDチップはどこのメーカーのLEDテープライトも大体同じものを使用しています。ですので、LEDテープライトの品質を決めているメインの箇所はテープ内部の配線をプリントしている部分になります。LEDが点かなくなってもLEDの寿命が来たのでなく、テープ内部の配線が断線やショートしたことが原因で点かなくなります。ですので、LEDテープライトを曲げてさらに長いテープで使用して利用するのなら、品質の良いLEDテープライトが必要になります。しかし、電子工芸の作品作りの使い方はLEDテープライトをハサミでカットして短く使うのがメインなので、購入する時は価格だけみて購入すれば良いと思います。後、LEDテープライトには樹脂を貼った防水タイプと樹脂のない非防水タイプがありますが、LEDテープライトとしてもちゃんと使える防水タイプを購入することを自分はお薦めします。

 

 関連記事

 

 

ストリングライト 

 

インテリア雑貨としてよく使われるストリングライトですが、kzi-workshopではまだこのストリングライトを使った作品がほとんどありません。今後、だれでも手軽に作れるストリングライトタイプのハンドメイドライトを開発できればと思います。

このストリングライトですが、100円ショップでも売っています。セリアでは6連の黄色タイプが常時置いてますし、キャンドゥでも8連のタイプで色も何種類か置いていました。ダイソーもクリスマスシーズンに10連のタイプで色も何種類か売り出します。もしも、ワークショップ等で数が必要になるのなら、クリスマスシーズンにダイソーのを買い溜めすればお得かもしれません。

 

 関連記事