kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

      kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

ボトルディスプレイ healing lamp を作ってみよう!

広告

 

f:id:kzi-workshop:20170423193041j:plain

ボトルディスプレイ healing lamp を作ってみよう!

 
安全に気軽に使える、電池式の大型キャンドルライトをカスタマイズしてボトルディスプレイ healing lamp を作ってみませんか。ボトルディスプレイ healing lamp が作れるようになると、透明なボトルをディスプレイケースとして、あなただけのオリジナルの healing lamp が作れるようになります。上の写真の作品はボトルの中にザラメ水晶と水晶原石とファインランドモスと珊瑚の欠片を使用して箱庭を作りライティングしてみた作品です。では、作ってみましょう。
 

f:id:kzi-workshop:20170423192929j:plain

材料

 

 ①クリアボトル(セリアで購入)

 ②キャンドルライト 大(ダイソーで購入)

 ③配線

 ④LED【砲弾型5mmホワイト】

  

 ③配線の準備に関しては次の記事を参考にして下さい。

  

f:id:kzi-workshop:20170423192921j:plain

作るのに必要な道具

 

 ①グルーガン【クリアホワイト】(グルーはダイソーで購入)

 ②ハンダごて

 ③ヒーティングツール

 ④ワイヤーストリッパー

 ⑤ハサミ

 ⑥プラスドライバー

  

キャンドルライトをバラす

f:id:kzi-workshop:20170416000203j:plain

 
キャンドルライトの電池カバーを外すとプラスのスクリューネジがあります。それをプラスドライバーで外せば簡単にキャンドルライトを分解することができます。
 

f:id:kzi-workshop:20170416000210j:plain

 
バラバラに分解すると写真のようなに五つの部品でキャンドルライトは構成されていることがわかります。
 

f:id:kzi-workshop:20170416000219j:plain

 
付属されているLEDは使用しませんのでハサミでカットして外してしまいます。
 

LEDに配線をハンダ付けする

f:id:kzi-workshop:20170423192839j:plain

 
配線を被覆をワイヤーストリッパーで剥きます。
 

f:id:kzi-workshop:20170423192848j:plain

 
LEDに配線をハンダづけします。LEDの端子の長い側がアノード(+)なので、そちらにカラーの配線を、カソード(-)には白い配線をハンダ付けします。
 

LED取付け穴を空ける

f:id:kzi-workshop:20170423192936j:plain

 
ヒーティングツールを使用してLEDを取付けるための5mmより少しだけ大きな穴を空けます。写真ようにスイッチの横とその対角線上の2ヶ所が適しています。
注:プラスチックが溶ける時に臭いが発生しますので作業は換気の良いところで行って下さい。
 

f:id:kzi-workshop:20170423192943j:plain

 
空けた穴に配線をハンダ付けしたLEDを差し込みます。
 

f:id:kzi-workshop:20170423192950j:plain

 
LEDの配線側のハンダづけした箇所がショートしないようグルーを塗りさらにグルーで土台に固定します。
 

f:id:kzi-workshop:20170423192958j:plain

 
配線の反対側の被覆をワイヤーストリッパーで剥き、同じ極側の配線同士を捻じって繋げます。
 

f:id:kzi-workshop:20170423193005j:plain

 

上の写真のようにスイッチの真ん中の端子にアノード側(+)の配線をハンダ付けします。もう一方のカソード側(-)の配線は、付属のLEDを取り外した電池ケースの端子にハンダ付けします。

 

f:id:kzi-workshop:20170423193012j:plain

 

ハンダ付けした箇所に絶縁体でもあるグルーを塗布して補強します。

 

組立て

f:id:kzi-workshop:20170423193020j:plain

 
バラした時の逆の手順で組立てます。それから、単4電池を入れてスイッチをONにしてLEDが点灯するのを確認します。
 

f:id:kzi-workshop:20170423193027j:plain

 
クリアボトルの蓋の部分に作ったLEDライトをグルーで接着させます
 

f:id:kzi-workshop:20170423193034j:plain

 
スイッチをONにしてクリアボトルの蓋を閉めたら完成です。
エクステリア用のライティングボトルとして苔や多肉植物を入れたり、ボトルの中に箱庭を作ったりしてお楽しみ下さい。  

 

 

部屋を暗くして作ったボトルディスプレイ healing lampを鑑賞してみましょう 

 
 

使用している道具についての説明は次の記事を参考にして下さい。