kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

      kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

造花のリースライトを作ってみよう!

広告

f:id:kzi-workshop:20170414173730j:plain

造花のリースライトを作ってみよう

 100円ショップで購入できる材料で造花のリースライトを作ってみてはいかがでしょうか。壁に飾れて持ち運び可能な造花のリースライトは飾りつけしだいで室内空間を魅力的に演出できるインテリアアイテムになります。それでは、造花のリースライトを作ってみましょう。 
 

f:id:kzi-workshop:20170414173539j:plain

材料

 

  ①LEDケーブルライト(セリアで購入)

  ②リースLナチュラル (セリアで購入)

  ③スマイラックスガーランド (ダイソーで購入)

  ④レースローズピック5輪 (ダイソーで購入)

  ⑤フェルトのお家シェード (下記の記事を参照して下さい)

 

 

f:id:kzi-workshop:20170414173547j:plain

作るのに必要な道具

  

 ①グルーガン【クリアホワイト】(グルーはダイソーで購入)
 ②ハサミ
 ③ヒーティングツール

作り方

f:id:kzi-workshop:20170414173555j:plain

 

リースの下部にLEDケーブルライトの電池ケースをグルーガンで取付けます。
先に電池ケースにグルーガンでグルーを薄く塗ってから取付るとしっかりと接着させることができます。
取付け面はスライド式のカバーではないケース本体の面です。 
 

f:id:kzi-workshop:20170414173602j:plain

 
電池ケースを取り付けたらLEDケーブルライトのケーブルをリースに巻き付けながらLEDが六角形の頂点の位置に来るように配置します。
ケーブルをリースの枝と枝の間を通すと上手くLEDが配置できます。
 

f:id:kzi-workshop:20170414173615j:plain

 
リースの下部の電池ケースの近くに配置したLEDにフェルトのお家シェードをグルーで固定させます。
 

f:id:kzi-workshop:20170414173622j:plain

 
フェルトのお家シェードにLEDを入れ込めたらフェルトのお家シェードの下部をリースにグルーガンで固定させます。
 

f:id:kzi-workshop:20170414173630j:plain

 

レースローズピックの造花をピックから引き抜きヒーティングツールで穴を空けてLEDを差し込めるように加工します。

 

f:id:kzi-workshop:20170414173639j:plain

 
穴を空けたレースローズの造花をLEDケーブルライトのLEDに差し込んでいきます。
 

f:id:kzi-workshop:20170414173646j:plain

 
LEDケーブルライトにLEDに差し込んだ後はグルーガンでLEDと造花を固定します。
 

f:id:kzi-workshop:20170414173653j:plain

 

これまでの作業で6つの光るオーナメントが完成しました。後はスマイラックスガーランドを巻き付けるだけです。

 

f:id:kzi-workshop:20170414173702j:plain

 

スマイラックスガーランドの端を電池ケースとリースの間に差し込んでグルーガンで固定させます

 

f:id:kzi-workshop:20170414173711j:plain

 

ガーランドをリースに巻き付けていきます。ガーランドが余ったらハサミで切ってその端をまた電池ケースとリースの間に差し込んでグルーガンで固定させます

 

f:id:kzi-workshop:20170414173721j:plain

 

以上で完成です。

LEDケーブルライトの電池ケースに電池を入れれば重さでバランスがとれて床に立たすこともできました。

お部屋の壁やドア等に飾り付けて周りを暗くしてLEDを点灯させて造花のリースライトを楽しんでみて下さい。

 

 

使用している道具についての説明は次の記事を参考にして下さい。