kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

⚙ kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

LANケーブルをバラしてLED点灯用のツイストペアケーブルを準備する

広告

 

 電子工芸の作品を作るのに使う配線は、LANケーブルをバラして準備しています。

バラした銅線に流せる許容電流は、銅線の直径が0.5mmの場合は800mAなので、

http://www.tokyo-fuji.co.jp/pdf/tr/metal/trt-4-2.pdf (参照資料)

使用の用途は限られますが、LEDの許容電流は大体が20mAなので、LEDを点灯させるための使用ならば、バラしたツイストペアケーブルを使っても問題はありません。

経済的ですし、色も付いているので+と-の区別もつけやすくて便利なケーブルです。

 

それでは、LANケーブルをバラしてみましょう。

f:id:kzi-workshop:20170224164500j:plain

LANケーブルを用意します。(100円ショップでも購入できます。)

コネクタがついている場面は切り落としてください。

 

f:id:kzi-workshop:20170224164522j:plain

ナイフでケーブルに切れ目を入れます。

 

f:id:kzi-workshop:20170224164529j:plain

端まで切れ目を入れて外の被覆を剝けるようにします。

 

f:id:kzi-workshop:20170224164537j:plain

中のツイストペアケーブルの束をしっかりと持ち、外の被覆を引張って剝きます。

 

f:id:kzi-workshop:20170224164547j:plain

剝いた外の被覆はいらないので捨てます。

 

f:id:kzi-workshop:20170224164449j:plain

ツイストペアケーブルを適当な長さにカットして、LEDにハンダ付けして使用します。

 

 

バラしたツイストペアケーブルを使って作った作品