kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

電子工芸作品の作り方と、kzi-workshopのハンドメイド作品についての情報発信していきます。

      kzi-workshop ハンドメイド制作日誌

箱庭 healing lamp カエル君の旅路 9

広告

 

f:id:kzi-workshop:20170125072051j:plain

 

カエル君は地底旅行の目的を果たしたので、次の旅路へと進むべく、地底の火口の旅の扉にやって来ました。

今、火口へ飛び込み次の旅へと進もうとしています。

  

点灯動画

 

制作メモ

地底からの移動は、ジュールベルヌの地底旅行が火山噴火に乗じて地上に生還していたので、火口が旅の扉になっていてそこに飛び込んで移動するというストーリーをイメージして製作しました。

火口を表現するために発泡スチロールを岩の形状に加工して、火口を作るために発砲スチロールでできた岩の真ん中を溶剤(うすめ液で溶かして残った発砲スチロールでできた岩全体を木工ボンドで塗り固めてから残りの発砲スチロールも溶かして中空にしました。

岩の塗装は、染めQ まるで石すっごいリアルゥ?! ナチュラル小石というスプレーをアクリルエマルジョン系ボンドをに塗布してから混ぜたものを発砲スチロールの岩に塗りました。

それから光が拡散するように半田ごてで無数の穴を空けて火口の形状は作りました。

光源はカエル君が上から火口を覗いている構図なので光量が必要かなと思い5㎜の7色と白色のLEDを砲弾の方向を同じにして下部のベースに設置して白色の方は回りをガラス絵具の赤で塗りました。(溶岩を表現したつもりです、内部の下部も全面赤く塗っています)

目で見ると中央から下と上で光の色が若干違うようになったのでうまくできたかなと思ったのですが写真にするとその様には映らないので写真はうまく撮るのは難しいと思いました。

 

 

箱庭 healing lamp を作ってみたい方は、作ってみよう!の公開レシピを作ってみて制作のノウハウを一通り覚えればオリジナルの箱庭 healing lamp が作れるようになります。

  

 

地底旅行 (岩波文庫)

地底旅行 (岩波文庫)